メインコンテンツへ戻る

文化・芸術関係

プリントイメージ

 碧南ゆかりの作家


板倉賛治(1877-1965)
 現・碧南市新川地区生まれ。1908年東京師範学校(現・筑波大学)卒業、1928年同校教授となる。1908年全国の中等学校教科書である『新体中等図画手本』『中等図法教本』を執筆。1913年「日本水彩画会」創立に尽力し、会員として活躍した。1920年『図画教育のスケッチの実際』『板倉図案集』刊行。学校の図画教育向上を目指して『図画教授宝典』『図画教育』『板倉賛治画集』も出版した。


伊藤廉(1898-1983)
 名古屋市生まれ。碧南市ゆかりの文人、山中信天翁の甥。東京美術学校で岡田三郎助に師事した。在学中の1923年に二科展初入選。1927年渡仏。一時ジョルジュ・ルオーの助手を務めた。帰国した1930年の二科展に滞仏中の作品十数点を出品して二科賞を受賞した。同年「独立美術協会」創立に参加したが、1937年に退会。1943年「国画会」会員となった。戦後、東京藝術大学教授を経て1966年創立の愛知県立芸術大学の美術学部長に就任した。



山本梅荘(1846-1921)
 現・碧南市新川地区生まれ。本名・山本倉蔵。幼い頃書画骨董商・山本公平の養子となり、半田へ移る。家業の手伝いの傍ら書画を独習。京都で貫名海屋、三谷雪えんらに師事して画を修めた後帰郷。1879年頃から楳荘、梅荘と号する。1882年内国絵画共進会で金牌受賞。1911年第5回文展で二等賞を受賞、翌年中部画壇からの初の文展委員となった。水墨淡彩で山水を描くいわゆる南画を得意とした。



加藤潮光(1916-1977)
 現・碧南市新川地区生まれ。本名・理一。1930年に名古屋の彫刻師、早瀬景雲に師事、1933年には日本画家の石川竹邨について絵の勉強をした。1937年に帰郷。1952年日展初入選。以後日展に出品を続けた。1974年に碧南文化協会会長に就任し、碧南市の文化向上に尽力した。代表作に静岡県清水市浄春寺の《日蓮上人像》などがある。

Premium Drupal Themes by Adaptivethemes